FC2ブログ
コンテントヘッダー

新年一発目から怒ってるぜ!

新年おめでとうございます。
2012年も皆さんにとって幸せで、しかも勝てる1年になりますようお祈りいたします!

さてさて、年が明けて1回目のブログですが早速私怒っております。
そこで、今回は私の怒りを盛り上がってきた5号機になぞらえて解説します。
題して「5号機の再興が示した日本破滅のシナリオ」(ちょっと大袈裟)

なぜ蘇った5号機の盛り上がりが日本破滅のシナリオなのか?
ひとつづつ解説します。
まず、なんでワシが怒っているかというと、先日国が発表した「原子力発電所の運転は原則40年以上は認めず廃炉にする」という発表。これ一見進展したように見えるでしょ。この【原則】っていう但し書きがホントに厄介。一定の申請基準を満たすと延長も可能・・・って
「オィッ!!!」
意味ねーだろ。なんで日本ってこんなことばかりするのかと頭にくる。「完全廃炉で例外は認めない」って書けよ。

さぁ、この話を踏まえておいていただきまして話題をパチスロに移します。
ここのところ「GOD」やら「番長」やらものすごく波が荒くて、万枚も十分狙えるスペックが出てきて、明らかに客足が戻ってます。ホント嬉しいっす。
でも、ちょっと待って・・・。
「5号機の法律っていつから甘くなったの?」

って思う人もいるんじゃないでしょうか。

実はパチスロの法律は5号機の登場以来変わってません。
「じゃあなんで5年前に2.4枚純増のGODが作れなかったの?」っていう単純な疑問が沸きます。
これは、機械割や図柄に関することなど5号機の基本的なルールは制定当時のままなのですが、コレとは別に「法の解釈」を細かく定めた「内規」というものが存在します。

たとえば、ジャグラーはGoGoランプ点灯後、ブドウが成立してても777を引き込みますよね。昔の5号機はみんなそうなっていました。リプ以外は全てボーナスを優先して揃える。
でも最近の台は確定画面にベルが表示されるとそのゲームではボーナスを蹴ってベルがそろいます。
これも「法の解釈」を変えただけで許可されたものです。

こんな小さなところの解釈はどちらでも大勢に影響は無いんですが、こんなのに混じってとんでもない「きっかけ」の解釈が長い時間をかけてちょっとずつ許可されたんです。メーカーも根気強い・・・笑。

・ボーナス確定後に7図柄よりも小役の引き込みを優先してそろえても良いか?
こんなのが許可されました。まぁ、いいんじゃないの・・・。と。
・RTの突入/転落の契機が違う複数のRT状態を持ってもよいか?
まぁ、1個しか持っちゃいけないとは法律には書かれてないし、いいんでないの。と。
・払い出し枚数が同じ役の組み合わせを押し順によって引き込む優先度変えても良いか?
払い出し枚数は一緒だしね・・・。どうせ試験では全てのベルを取ったことにして出玉率計るし。
↑これものすごい重要。ベルこぼさないとRT準備状態にならないの=ベル取ってる限りART入らないww。

リプレイタイムに関して言えば、昔はボーナス後50GのARTが付いてきたり、無限RTだったりが付いていたのですが、いつの頃からかベルこぼしなどでRT準備状態などに移行して、さらに6択リプ正解でRT突入など内部的に複雑な状態移行を繰り返すRT機がほとんどとなりました。これによりARTの突入・転落を完全に制御出来るようになったんです。(スゴイ!!)
また、ほとんどのART機には微妙に絵の違うベルやリプが2、3種類存在しています。押し順によってどちらを優先して揃えるかが違うので押し順を間違うとベルがそろいません。これで通常時のコイン持ちを下げてART中のベル確率が上がったように見せています。

5号機当初からART自体は別に禁止されていませんでした。だから、
これらの要素が複合すると・・・出玉率の許す範囲でスゴイART機が作れるようになったというわけ。

これらの小さなきっかけが、メーカーから「陳情」という形でお上に出され、「問題ない」と判断されると法解釈の基準がちょっとだけ変わります。このちいさなちいさな「変更」が積み重なるとミリオンゴッドの復活までたどりつくわけです。
(といっても、出玉率規制は全く緩まないので設定6で120%以上には絶対なりません・・・。)

最初からGODを作るために小出しに陳情するわけではなくて、色々な台が発売されていく中で、各メーカーごとに少しづつ改良されていくわけです。予期しない形で。
だからここまで5年もかかったとも言えますが、それは各メーカーが「より波の荒い出玉」を常に目指してきた結果といえます。会社ごとに競う形でも、皆目指している方向は同じだから出来ることですよね。

お上にこんなの全てを一度に持って行ったら「絶対ダメっ!!」って言われます。でもいろんな機種が出るごとにちょっとづつ変わっていくのでお上も気づかないうちにトンでもない機種が作られちゃったりする。これは4号機のときも一緒でした。そもそも711枚の大量獲得とか、他人の貯めたボーナスを吐き出すストックとか最初から認めるわけが無いわな。
ホントに開発する人たちの努力(というかズル賢さw?)には頭が下がりますね。

さて、ここまで読んでいただくとワシの怒っている原因も分かるのではないでしょうか。
メーカー→東京電力と変更して考えてみてください。巨万の富を投資して作った原発をまだまだ動くのに40年で廃炉にはしたくないはず。
一定の審査基準を満たせば延長も可能だったらこの法律の意味ねーだろ!!

いいですか、アイムジャグEXがなんでまだホールに並んでると思います? パチスロの設置期限は3年間ですよ。コレ以降は撤去しないといけないんです。原則は。←コレ重要w。
パチスロ(原発)は基本3年(40年)で撤去(廃炉)なんですが、延長申請して一定の審査基準を満たせば延長設置(稼動)も可能です。おおーーっ。ぴったり。その結果どうなったかといえば・・・
黙っていても客が付いて儲かる人気台(国の補助やら利権やらで儲かる原発事業)だからドンドン延長してがっぽり儲けましょう!!・・・となる。

パチスロだったら法の抜け道探して合法的に爆裂機が開発されても仕方が無い(いやむしろ大歓迎?)・・・というのは勝手な理屈かもしれませんが、国が滅ぶかもしれない核エネルギーの事業に同じ理屈は取り入れて欲しくない。

むしろ、ずっとパチスロを見てきて、法律ほど見る角度によって曖昧で色々な解釈が出来てしまうものはないと思い知らされたし、ここに利権やお金儲けが絡んでくるとどんどん済し崩し的に緩くなっていくのは4号機・5号機の歴史が物語っています。このへんは日ごろホールに通う皆さんが一番思い知らされているかもしれません・笑。

同じ法律なのに、いつまでも現状維持RTではなく純増2.4枚RTまで開発できてしまった。パチスロが発展しちゃうからこそ、だからこそ国の法律は全く信用できないんです。すごく逆説的ですが。。。
どんな解釈でも結局出来てしまう。法解釈だけで建て替え出来ない家も柱1本残せば改築扱いだし、法解釈だけで自衛隊は武器も持てるし、その気になれば法解釈だけで結局戦争だって出来てしまうでしょう。

え? 六ヶ所再稼動? エヴァ再起動の聞き間違いぢゃないですよね?
あんな破滅的なすげー事故を起こしておいて、アンタらまだ原発やる気なんスね。スゲー国だな。オイ。
さすがのワシもGODで10万負けしたら以後の立ち回り気をつけますよww。
何で社員にボーナス出せるのに電気代値上げすんの?
ドジョウさんこんな危険なもん東南アジアに輸出しようとしてますね。アンタそんなに第2の福島をつくりたいんですか。
頭おかしいんとちゃいますか? 
愛する人とか守りたい人とかいないんですか? 

そんなドジョウさんにオススメの映画教えてあげます。
ツタヤで「100,000年後の安全」って映画借りて観てください。ホント勘弁。


というわけで、年始から唖然としております。
2012年も怒りまくりの年になりそーです。

今年もパチスロ救急車を宜しくお願いします!!

スポンサーサイト



テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

このページのトップへ
ブログもくじ
すろきち(管理人)

すろきち

Author:すろきち
パチスロ救急車のサイト管理人です。
ためになる生の情報をお届けします。

管理人ホームページ
急患来場者数
最近の記事
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
携帯版QRコード
このブログは携帯でも読めます。QRコード読み取りが便利です。
QR
PR広告
パチスロゲーム
最近のコメント
RSSフィード
今サントラがアツい!
パチスロの本
月別アーカイブ