FC2ブログ
コンテントヘッダー

パチスロ新時代を斬る~第4回

「パチスロ新時代を斬る~第4回:機械割100%のワナ」


 前回は具体的な立ち回りを考え、最後に高設定の機械割を完全に引き出せれば勝てると書いた。
この機械割を完全に引き出すとはどういう事か?
機械割105%の台は一日に約20,000枚のコインを投入するとして約1,000枚、20,000円の日当が出る事を意味する。あくまで平均なので、30,000円くらいの勝ちは十分取れる見込みがある。

 しかし、5号機のメーカー発表の機械割にはあるトリックがある。皆さんは4号機の頃の感覚で見ていないだろうか。4回目の今回は、機械割100%のワナに迫ってみよう。

具体的に例として下の2機種で比較する。
(一日7000G 総in枚数20,000枚とする)
●【A】設定6機械割105% RT無し BIG/REGのみ搭載
●【B】設定6機械割106% RTあり BIG後100G(BB確率1/300)

 さて、今日は設定6イベント。AとBの2機種のうちどちらかに座る事が出来る。あなたならどちらに座るだろうか。A? B? Bと答えた人が多いと思う。さて、その判断は正しかったのか?

 打ち手とすれば、機械割の高い台に座るのは当然である。実際に獲得枚数で見ていこう。

まず、【A】は、冒頭で計算した通り、約1000枚、20,000円の獲得期待値がある。
次の【B】だが、まず状態比率を見る事から始める。パチスロの検定試験ではリプレイの時は3枚投入と見られるが、次ゲームは0枚投入として計算するので、RT中はほぼ投入が無い状態が続く。
7000G中BIGは23回引けるのでRTゲーム数は100G完全に消化したとして2300Gもある。つまりこの間が現状維持状態だと投入のある通常遊技は4,700G程度しかない。約32%がRTになったので投入枚数も32%減で約13,600枚となる。
機械割はこの状態の106%なので14,416枚。獲得は816枚。16,000円の獲得期待値しかない。

 いかがだろうか。RTのゲーム数や、完走率、コイン増加量などにもよるので一概に渋いとは言えないのだが、一般的にRTメインの機種は初当たりも遠く、獲得期待値が低めな事は確かである。今回の(B)106%の機種でも、RT以外の通常遊技を7000Gすれば確かに獲得枚数は(A)の台と同じになる。しかし、その頃には(A)の機種は9000Gくらい回っているだろうから、ホールに閉店がある限り結局この差は縮まらないのである。

 一見、RTがある方が次回ボーナスが近く、爆発しそうに感じるがそうではない。一時の瞬発力はあるが長続きはしない。RTの無い機種で350枚程度のBIGの自力連荘をかけるほうが終日出玉でみれば効率がいいのである。

具体的に機種名を挙げるとまずい気もするが、ニューオアシスなどはBIG消化に30Gしかかからないので、通常遊技の比率はより上がる。逆にアルゼ系機種ではRTがゲーム性の核になっているので2段階しか無い設定と相まってより獲得期待値は下がってしまう。確率の暴れは大きくなるが、試行回数を重ねるごとに収束していくだろう。
 
 イベントなどで台を選ぶ際にはメーカー発表の機械割と獲得枚数の関係は必ずしもイコールでは無い事に気をつけていただきたい。まぁ、引けなければ関係無いのだが・・・


■■■■■■■■
パチスロ救急車
■パソコン版
■携帯版
スポンサーサイト



このページのトップへ
コンテントヘッダー

パチスロ新時代を斬る~第3回

「パチスロ新時代を斬る~第3回:5号機で勝つ立ち回り」


さて、3回目の今回は具体的な5号機の立ち回りを考えたい。

 筆者が数ヶ月間5号機を追ってみて立ち回り的に感じた事をまとめてみた。
ストック機能の禁止によって放出しやすいゲーム数などは存在しなくなった。むろん天井もである。立ち回りに関しては公平で、純Aタイプの時代に戻ったと言える。その他にも4号機時代には無かったポイントがありそうだ。


●確率論重視
 さて、一番の攻略はやはりボーナス確率だろう。2000Gほど稼働があれば高低の目安くらいにはなる。しかし、私が一番オススメしたいのは、5号機には純A4号機とはちがって、ボーナスの種類が細分化され、かつ設定間の差が大きく付いている。各機種ごとにいろいろなところに設定差が設けられている。ここをメインに立ち回る方法だ。

 「信長の野望」を例にとろう。この機種は1000円のゲーム数も一律で設定差は無い。ボーナス確率を見る以外判別法はないかと思いきや、5号機から採用された「小役とボーナスの同時抽選」に付け入る隙がある。小役との同時抽選のボーナスは設定差が無いが、残りの直撃ボーナス(小役と重ならないボーナス)には設定差が大きく付いている。

【信長直撃REG確率】
設定1...1/16384
設定6...1/2730
BIGで3倍、REGは6倍もの差がついており、小役を引いていないのにボーナスが出現すれば高設定の可能性が高くなる。これとゲーム数カウンタのボーナス確率を総合で判断すればいいのである。


●高設定を入れているかは店のバロメーター
 5号機の稼働状況の把握も含めて結構な数のホールを覗いたが、ひとつ感じた事があった。5号機に高設定を入れているホールは、全体の客付きや稼働も良好で4号機にも高設定が見られたということだ。

 ホール的には少ない投資で長時間粘られてしまう5号機は、売り上げ的には全く旨味がない。業界的には「コイン単価」という言葉で表されているが、いかに客に投資させて現金を回し売上額を増やすかというのがホールの考えていることである。つまり、ただでさえ売り上げの少ない5号機は低設定にしてどんどん吸い込み、客を回転させたほうが店にとっては都合がいいのである(客は飛んでしまうだろうが...)。
 ここに高設定を入れて来るということは、4号機を含めた店全体の客の回転率や稼働時間が十分で、経営的には余裕があるとみていいだろう。
 私は優良店を見抜く一つの指針としている。


●設定変更後は
 設定変更した朝一ではどうか。サミー系ならよくある朝一リールガックンや前日との液晶画面の相違など、機種ごとに特徴を探せばあるかもしれない。ここは情報戦だ。
あとは店の変更のクセをいかにつかめるかという点が重要だ。


●4号機と5号機を複合して勝負する
 ストック機のハイエナ待ちの時間などに少し打ち、高設定らしければそのまま打ち続けても良い。
また、私は9時スロと呼んでいるが、仕事帰りの9時くらいから打つなら5号機の方がいい。9時過ぎに吉宗の天井めがけて投資などは出来ないし、逆に9時過ぎなら5号機も一日稼働し、高設定の目星もつけやすい。1万円ほど使ってしまったらそのまま帰るのもいい。


 以上、総合するとまず高設定をなるべく長く打つ事が条件で、ボーナス確率を調べるのが一番だが、各機種ごとに特化している設定差のある部分(直撃ボーナス確率やベル確率など)に注目すればなお判別精度は上がる。
あとは、高設定の機械割を100%引き出せれば勝利はすぐそこだ。小役もこぼさず、ボーナスも迅速に揃えるなど、小さい部分も気をつけよう。
 なお、高設定を入れているかどうか「店自体の設定判別」もお忘れなく。


このページのトップへ
コンテントヘッダー

パチスロ新時代を斬る~第2回

14bc53f2.jpg

「パチスロ新時代を斬る~第2回:連荘性能の極限を探れ」


 さて、第2回の今回は5号機の「連荘性能の極限」を探ってみよう。
おそらく今回のテーマが皆さんの一番の関心事だと思う。果たして5号機は勝てるのだろうか。

 はっきり言おう。
「勝てる」。
5号機は間違いなく勝てる。

ただし、金額ではなく勝率で判断してのことである。詳しい事を「勝率」と「機械割」の2つの面から見ていこう。

 ここでは例として「信長の野望」と「ジャグラーガール」を取り上げる。
5号機のボーナス確率は4号機の純A500タイプと同等くらい悪く、BB獲得枚数も350枚程度しか取れない。ただし、1000円あたりのゲーム数は約40~50G程度回る機種もあり、一概にシブイとはいえないのである。信長はBIG1回分のコインで約320Gも回す事が出来る。(ジャグラーは230G程度)

【信長の野望基本スペック】
約46G/1000円
BB獲得約350枚
設定1 BB:1/364 RB:1/819 合成:1/252 機械割98%
設定6 BB:1/297 RB:1/655 合成:1/204 機械割106%
【ジャグラーガールスペック】
約30G/1000円
BB獲得約370枚
設定1 BB:1/297 RB:1/655 合成:1/204 機械割97%
設定6 BB:1/240 RB:1/364 合成:1/144 機械割111%

一見ジャグラーの方が甘いようだが、1000円あたりのゲーム数が違う。「信長」を30G/1000円のスペックに直してみよう。
【信長30G/1000円スペック】
約30G/1000円
BB獲得約350枚
設定1 BB:1/237 RB:1/534 合成:1/164
設定6 BB:1/193 RB:1/427 合成:1/132

なんとジャグラーよりも甘い数値となった。しかし、BB獲得枚数が信長の方が少ないので、両機種のスペックはほぼ同等と思われる。ただし、これはあくまで1000円あたりのゲーム数が多い為に起こる現象で言わば数字のマジック。実際には手元に残るコインは信長の方がだいぶ少なくなってしまう。あくまでも打ち続けるという前提ではジャグラーより甘いスペックと言える。

 次に100G以内の連荘率を比べてみると、
【信長の野望】
設定1 32.8%
設定6 38.7%
【ジャグラーガール】
設定1 38.7%
設定6 50%

とかなりの開きが見られたが、1000円あたりのゲーム数を30Gに合わせると、ジャグラーで100G分(約165枚)回せるコインだと信長では151.8G程度回す事が出来る。
この時の連荘率は
●設定1 44.9%
●設定6 52.1%
なんとジャグラーを上回ってしまった。

このように5号機のスペックは必ずしも「出ない」ものではない。ただ、持ちコインで遊技出来る比率が異常に高いので、高設定でも長時間粘らないと結果に繋がりにくい。だが、実際2000枚から3000枚程度は十分に狙えるスペックのものもあるので一概にシブイとは言えない。

 なんと言っても5号機高設定域の魅力はその安定感と高い勝率である。信長の設定6の勝率は軽く8割を超えている。現在のストック機の設定6で勝率8割以上と安定している台は少ない。

勘違いしないで欲しいが、あくまで理論の話をすれば、設定6の機械割が104%程度しかない「燃えよ!功夫淑女」と106%ある「信長」を1年間毎日設定6を打ち続けると、理論上は信長の方が遥かに高い勝率と合計金額を弾き出すはずである。あくまで理屈での話だが。。。このように5号機は長い期間をかけて負けないように少しづつ勝ち続けていく台なのである。台選びに1回間違ったところで吉宗のような痛い目も見なくてすむ。一発長打狙いではなく、イチローのように短いヒットを高確率で重ねていく勝ち方といえる。

 以上のことから、5号機自体の勝率は4号機よりも遥かに高くなる。言い換えれば大負けしづらい設計となっている。その代わり爆発力自体が抑えられており、数千円程度の勝ちで閉店という事も多い。
筆者が実戦で感じたのは1500枚の壁がかなり超えづらい印象があった。なかなか2箱目に手がかかる瞬間がやって来ないのである。ただ、3時間程度の実戦でも2000枚オーバーを経験しているので、思ったほど渋くはない印象も受けたのだが。

 次回からは具体的な立ち回りをみてみよう。



■■■■■■■■
パチスロ救急車
■パソコン版
■携帯版
このページのトップへ
ブログもくじ
すろきち(管理人)

すろきち

Author:すろきち
パチスロ救急車のサイト管理人です。
ためになる生の情報をお届けします。

管理人ホームページ
急患来場者数
最近の記事
カレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
携帯版QRコード
このブログは携帯でも読めます。QRコード読み取りが便利です。
QR
PR広告
パチスロゲーム
最近のコメント
RSSフィード
今サントラがアツい!
パチスロの本
月別アーカイブ