FC2ブログ
コンテントヘッダー

100万企画・必勝教訓その7

100万企画・必勝教訓その7
『5号機の立ち回り総括』
 
 前回、パチスロの本質は椅子取りゲームだと書きました。では、それを踏まえて立ち回るベストな方法はどんな形なのでしょう。
 
 最初にあなたの普段のの遊技時間と入店/退店時間を考えることから始めましょう。
ここでは大きく2つに分けて考えます。
【1】朝から終日、もしくは朝から8時間以上の遊技
【2】夕方以降から4時間以内の遊技
 
 まず、1のメリットは高設定GET時の遊技時間がたっぷりあるので、勝つ時の金額が大きく期待出来る事。パチスロの勝ちの基本である「高設定を長時間」をそのまま実行出来る。反対にデメリットは低設定ばかりに座ってしまうと長時間低設定を打ち続け、安定して負けてしまう事。
 
 次に2のメリットは稼動と確率が落ち着いた頃に入店するので、低設定を掴みづらく勝率を上げる事が出来る事。デメリットはすでに客に高設定を押さえられていることが多いことと、無事高設定を掴んでも残り時間が少なく、大量出玉には結びつかないことが多い事。
 
 これを踏まえると勝つ為の立ち回りが見えてきます。
朝から出かける人はある程度その店のクセやイベントの信憑性、高設定の有無を知っている必要があります。闇雲に長時間実戦をしかけると、一発長打の弱い5号機は安定して負け込んでしまうでしょう。
 朝から行く場合は何かしらの根拠が必要です。私も新台導入日以外はなかなか朝から行く事が少なくなりました。
 反対に今回私が1年通算での勝ちを収められた要因は、「夕方からの実戦を主にしていた事」と「新台をうまく渡り歩けた事」この2点が大きいと考えています。
 2027のように全設定同一確率だとキツいですが、大多数の5号機はボーナス確率から設定の高低くらいは読めますから、まずは確率をチェックして設定456の台を狙っていくというスタンスが基本です。
 確率の良い台しか打たないわけですから、負けづらくて当然ですよね。
ちょっとセコいですけど(笑)、これがパチスロの基本なので、この法則を崩すと勝てなくなると思っています。要はこの決まり事を守り通せるかどうかだけなんですよ。
4号機のように設定が読みづらく、勝ちも負けも大きかった頃に比べるとすごく勝ちやすくなったと思っています。(ホント私は4号機のストックAT時代に負け組でしたから...)
 
 何か気づきませんか? サンダーVや花火などの4号機の頃は勝っていたが、AT/ストック時代になって勝てなくなった。で、5号機時代になってまた勝ち始めたと。そう・・・
 
要は確率なんです。
 
 AT全盛時代は全設定1/430なんてものや、ストック時代はボーナス内部確率全設定1/240なんてものはザラ。AT突入率や連荘モード突入率だけが設定判別の材料でした。分母がデカすぎて読めませんよね。さらに放出ゾーンや高確ゾーンが存在していて、わずかの期待しか無いのに128Gまで打たなきゃいけないとか、そんなのばっかりでした。(でも凄く楽しかったですけどね。吉宗なんていくら負けたか・・・。)
 だから5号機になって確率重視になったのは私は歓迎しています。
 
 パチスロは確率論に基づいて6段階設定で作られているわけですから、勝つ為の最大の武器は確率で設定を見抜く事なんですよ。
 あとは、この「確率が良い台以外は打たない」という意志の強さと、高設定と判断したら「粘り強く打ち続ける忍耐力」。これだけです。でもこれってパチスロで勝つ為には絶対必要な事なんですよね。
 ふらっと立ち寄って良い台が無ければ帰れば良いのに、「REGが多い」「たまたまBIGが引けてないのかも」「3000円だけ...」などなど理由をつけて打っちゃうんですよねぇ。
でもこれがパチスロの面白い部分だとは思うんですけどね(そんな時に限って出ちゃったり...)。
 
 私は夜からの実戦が主なので、書く事も仕事帰りのサラリーマン向けみたいな目線が多いんですけど、まぁそれで勝てたのも事実ですからここは「ある程度稼動した夕方からの高設定狙い」と「新台ハシゴ作戦」を救急車オススメ立ち回り打法とさせていただきます。
 この作戦のデメリットである「せっかく高設定を掴んでも時間が少ない」という部分は実戦回数(手数)で勝負としましょう。考え方によっては年間200日で3時間、設定4に座り続けたとすれば、設定4を600時間打てることになります。1日単位ではなく、1ヶ月/1年という長期のスパンで見てみましょう。
 がんばってください。

 
 このブログを読んでくださっているみなさんに勝利が訪れることを祈って。


【結論】
●ある程度稼動している夕方から実戦。
●新台を積極的に打っていく。
●必ず確率を頼りに台を選ぶ。
●高設定が見当たらなければ次の店へ。常に3、4店舗はホームグラウンドを作りたい。
●夜からの高設定発表イベントなどは積極的に活用。(信憑性のあるものを)
●閉店前はざっと店内を見渡して出ていた台をチェックしよう。(店のクセを掴む)

 
 
■■■■■■■■
ブログランキング投票
今回の記事が面白かったら応援ください↓
【1票投票する】
■■■■■■■■
管理人すろきちの無料解析攻略サイト
■パチスロ救急車へ
■■■■■■■■



新世紀エヴァンゲリオン
アプリ/メロ/ボイス♪


スポンサーサイト



テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

このページのトップへ
コンテントヘッダー

100万企画・必勝教訓その6

ab33fe1d.jpg
100万企画・必勝教訓その6
『パチスロの本質とは何か』
 
 ここまで5回にわたり5号機時代の立ち回りを考えてきました。今回と次回で「パチスロの本質」に迫り、この企画に幕を下ろしたいと思います。
 
 さて、早速ですが皆さんはパチスロの本質とは何だと思いますか。
目押し? 台選び? 技術介入? ヒキ? その他いろいろと思いつきそうですが、私の考える本質とはちょっと違います。
 ズバリ私の考える「パチスロ」とは・・・
 
椅子取りゲーム です。
 
 幼稚園で「椅子取りゲーム」をやった事のあるひとなら分かると思います。曲が鳴っている間客は入れ替わり立ち替わり台に座っていきます。曲が終わった時、あなたは高設定の椅子に座われているでしょうか?
 目押し技術や知識というのは凄く大事ですが、それはあくまで設計されているスペックを最大限に生かす為のものなのです。それが完璧に出来ても確実に勝てる訳ではありません。
 結局ホールが設定している設定値が分からない以上、予想で立ち回るしかありません。
でも、台を取るのは早い者勝ち。10分で帰ろうが終日打とうが客の勝手です。
 さらに、どんなに技術介入させようが、目押しが上手かろうが設定1を打ち続ければ確実に負け込みます。
1シマに入れられる高設定の数などはたかが知れています。しかし、この高設定を奪い合うのがパチスロの本質だと考えます。
 雑誌や当サイトの情報ページなどはあくまで機種のデータを提供しているに過ぎません。本当の本質は他人よりも優位な状況で勝負出来る環境を作る事なのです。具体例をあげれば、
 
●このホールのあのイベントは信頼性が高い
●あのホールは新台導入週はずっと高設定を入れてくる
●こっちのホールは前日出た台を据え置く事が多い
●このホールは札台の信憑性が低い
 
などなど。。。雑誌やwebでの知識が及ばないあなただけの秘密のデータを構築することが勝ちへの近道です。ホールの設定も所詮は人間が打ち変えるもの。クセや人情が出るかも知れません。
札台の信憑性や札を公開する時間/曜日を知っているだけでも他人よりも優位に戦えます。
 
 勝つ為の本質は「高設定の椅子が多く置かれている店で、少ない人数で奪い合える環境を探す」ことです。(そこからは技術と知識も必要なのでパチスロ救急車で台のデータ検索もしてくださいね)
理想は参加者全員が高設定の椅子に座れることでしょうけど。。。店内の高設定20台、客も20人・・・みたいな(笑)。ありえないか。

 
 以前のコラムでも書きましたが、このシマで誰がカモなのかを常に考える事です。
見当たらなければ、ズバリ! あなたがカモなのです。
 
 ここで自分は高設定という椅子に座れているのかどうかを確認する為に設定判別があるのです。
5号機の設定判別は「高設定に座るため」ではなく、「いつこの台を捨てるか」のためにあると思います。見切りの美学みたいな。
 ですから私はまず、「店をよーーーく選んで、その後じっくりと確率を見て座り、設定判別をして捨てるか続行か決める。」というスタンスを取っています。
 毎回会社帰りには「今日はどこで打とうか」といつも考えてます(笑)。
常に4店舗くらいは勝負出来そうな店を選んでおき、その中から新台が入った店を優先的に選ぶようにしています。
 
次回はこれらを踏まえた5号機の立ち回り方に迫ります。
 
 
■■■■■■■■
ブログランキング投票
今回の記事が面白かったら応援ください↓
【1票投票する】
■■■■■■■■
管理人すろきちの無料解析攻略サイト
■パチスロ救急車へ
■■■■■■■■

テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

このページのトップへ
コンテントヘッダー

100万企画・必勝教訓その5

100万企画・必勝教訓その5
『収支を付けたらホールを判別』

 
 前回その4で書いたとおり、確率自体暴れがあり、ある程度の試行回数が必要となります。
 必勝教訓5回目の今回は前回のことを踏まえて収支を付けてもマイナスになってしまう方へのアドバイスです。
 
 ここでまず確認したいことがあります。
収支を付けるということは今月までの勝ち額や平均収支もおおかた掴めているということですよね。
 やたら打ち散らかしたりしてませんよね? さらに座る前に台のボーナス回数とゲーム数から現在の確率を計算して、設定4以上を目安に台を選んでますよね。
 もしこれで収支が付いて来ない場合は2つ原因が考えられます。

●目押しなどの技術介入をミスしていないか?
●そもそも店に低設定の台しかない。(´・ω・`)

 
 このどちらかを疑いましょう。技術介入は主にリプパンのミスやスイカなどの目押し、ボーナスの獲得枚数UP打法などです。スイカ1回とはいえ1日100回出るスイカのほとんどをこぼしていてはなかなか収支は付いてきません。

 さぁ、問題は2番目。低設定しかない場合です。
1週間程度では分かりませんが、2ヶ月通い続けて収支が付いて来ない場合、店を疑っても良いと思います。
ここでは高設定があっても客が座っていて、いつも座れないという場合は除きます。いつも良い台を取っているはずなのに収支が付いて来ないという場合の話です。
 2ヶ月間おおむね設定4以上の確率で引けている台に座って(朝からの実戦は除きます)、結局負けてしまう。。。原因はひとつしかありません。
 
 「たまたま出ていた設定1に座り続けている」
 
 これに尽きます。
全台設定1にして営業しても朝から全台が下降線ということはあまりないはずです。夜には全台負けていたとしても、半日くらいは良い感じで出てしまう台が数台あるはずです。
これはPS2のゲームなどで低設定のシミュレーションを取ってみれば分かります。
何より、知り合いのホールの主任がそう言ってるんですから間違いないッス。
 で、そのいい感じで出ている設定1にまんまと座ってしまっているというわけです。
 

 これホントに気づかないんですよね。まんまとヤラれちゃう。
こんな場合は一度ホールのシマ設定を調べることをオススメします。
例えば、ジャグラーが10台ある店で、閉店時に全台のBR回数とゲーム数をメモるんです。それで帰る。

それだけでいいんです。
ただ最低1週間は続けないとだめです。さらにシマ全体の稼動が1台あたり2500ゲーム以上欲しいですね。10台メモれば最低2万5000ゲーム、一週間で17.5万ゲームです。
それを1週間の全ボーナス確率で割るんです。
その確率が設定1からどのくらい上にあるか調べるんです。普通設定4とかになる事はなくて、設定2前後で落ち着くと思われます。
仮に1321311251と入れても平均設定は2です。
仮に1112112111と入れられれば平均設定は1.2です(´・ω・`)

イベントとかだとなかなか分からないですし、土日は一気にシブくなるので、出来れば定期的に調べる事をススメます。完全に設定1以下の確率ならその店はヤメたほうがいいです。
関東近辺ではジャグラーの客付きが良いのでそこそこの設定で薄利で営業している店が多いようですよ。
 
 
 ちょっと前の話ですがプレイステーション用のゲームで「パチスロ完全攻略シリーズ4」というのがありました。アルゼのB-MAXとかが収録されているパチスロシミュレータでしたが、ひとつ面白い機能が入ってました。
 「ホール経営モード」です。自分の店にパチスロ台を入れて設定を打ち、交換率・客層・営業時間・客付きなどを入力してスタート。だまって画面を見ているとチョロチョロと客が打ち始め、店の利益がリアルタイムで更新されていきます。B-MAX(大花火の元になった大量獲得機。技術介入で設定1でも機械割100%オーバー。設定6で機械割120%という怪物スペック。) を全台6で営業して大赤字を叩きだしたのを覚えています。
 最初半信半疑だったのですが、これがなかなか良く出来ていて、客層を若者だけに設定するとオール1にしても利益が出ないという。。。

 いかに等価では設定1メインでしか使えないかというのが分かります。
興味のある方は一度購入して遊んでみることをオススメします。収録は4号機初期の古い台ですが、機械割さえ5号機と同じに設定すれば今でも結構使えると思います。先ほどの自分で算出したホールの平均設定で営業するとしたら何台設定1を入れなきゃいけないか・・・。やってみてください。
がっかりしますよ多分。
ちょっと検索したら新品980円、中古1円~だって笑。
↓一応リンク貼っときますね↓
プレステ用ゲーム

パチスロ完全攻略アルゼ公式ガイド4
PCからはこちら


携帯からはこちら

 
 目指せ月商1億円の敏腕店長(笑)。
ちょっと話はそれましたが、ホールが全台の設定を開示しない以上は自分で見つけるしかないというわけで。
--------------
【教訓その5】
『収支を付けたらホールを判別』
 広大な畑に見事な果実が育っているとついつい目がいってしまいますが、じつはなっている実よりも土が重要だということですね。木を見て森を見ずではいけないと。
ちょっと長くなってしまいましたが、いろいろ試行錯誤して頑張って高設定を GETしてください。
こういういろいろなアイデアで想像するのもパチスロの醍醐味だと思います。
 
 
 
■■■■■■■■
今回の記事はためになりましたか?
【はい・応援!】
■■■■■■■■
■パチスロ救急車へ
■ぱちんこ救急車へ

テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

このページのトップへ
コンテントヘッダー

100万企画・必勝教訓その4

513686d4.jpg(←画像提供:ねるふさん)

100万企画・必勝教訓その4
「体感力をつけて立ち回ろう」

 
 前回、収支をつける事をオススメしましたが、早速私の知り合いからこんなメッセージが。

「収支をつけても結局マイナスなんですけど・・・。」
 
 うぉぉぉ。やっぱりきたか。この反応(笑)。
 

 というわけで、今回は収支の結果からホール自体を判別しようと思います。まず話さないといけないのは確率の分母と収束についてです。
 
 例えば1/50のスイカは何ゲームくらい回せば1/50に落ち着くのか?です。

50ゲーム?
 
いえ、違います。約分母の2乗。ここでは50X50=2500で、2500ゲームでおおかた落ち着くと言われています。じゃあ1/200のBIGは?と聞かれれば、200の2乗で4万ゲームです!!
これでは話になりませんね。
判別の前に閉店しちゃいます。

 確実ではありませんが、私は経験上、約10倍でなんとなく見えてくると考えています
1/200のBIGなら2000ゲーム程度回せばなんとなく判別は出来ると思います。
 もちろん人によってこのあたりの判断はまちまちで断言は出来ませんが、どこかで見切らないといけないので、私は10倍を目安にしてます。
これに小役確率などの各台の設定判別ポイントを併用して判別しますが、ほとんどの台は2000ゲーム程度で設定の高低の感触はつかめるのではないでしょうか。
 
 
 次にボーナス間のハマりですが、私はだいたい3倍ハマりまではよく起こる事象だと考えています。

1/200のボーナスなら600まではハマることもよくあるということです。
ジャグラーの設定6(合成1/134)でも400ハマりまではよくありますよね。
ただ、これがしょっちゅう400ハマるようだと低設定を疑います。
ごくたまにですが、5から6倍はハマる事もあり得ます。
1/200のボーナスなら1000Gハマりもあり得るということです。ドンちゃんでもよく天井まで行く台がありますよね(笑)。
 
 
 5号機を打つ上で大切な事がもうひとつあります。
「体感力」です。皆さんはベルの確率1/10と1/12を体感出来ますか?
これが体感出来るようになるとだいぶ違います。もちろんしっかりカウントしたら良いだけの話なんですが、上で述べた確率の暴れのせいもあり、1/10と1/10.3はカウントしても判別は難しいと思います。
 でも、1/10と1/12はカウントすればかなりの確率で判別出来ます。私はベルなどの確率(1/10前後のもの)なら分母が1G以上の差があれば積極的にカウントするようにしています。
 1/10と1/10.5ではカウントしても難しいですが1/10と1/11.5ならカウントすれば結構イケるのではないかと。あくまで1/10前後のものなら・・・。
分母が大きくなるほど難しくなるので1/70と1/73のチェリーなんかは私はカウントしてません。1/70と1/80くらいまで離れればカウントします。
 
 
 ひとつ面白いことがありました。
TVのバラエティー番組なんですが、「時計を見ずに7秒ジャストと思う位置でボタンを押し、対戦者とどっちが7秒に近い位置で時計を止められるか?」 というゲームがありました。負けた方はバンジージャンプらしいです。興味半分でTVの前でちょっとやってみました。
パチスロのリールのタイミングが1周0.8秒なので、9周目に止めれば7.2秒で止められることになります。
 目をつぶってTVからのポーン!という音でカウント開始。花火の左リールをイメージします・・・。
左上段BAR停止状態からレバーON。。。。
1。。2。。。3。。
9周目の上段BARビタ押しを想像してストップ!!!!
なんと7.3秒でした。

我ながらすげー特技。このパチスロ以外何の使い道も無いリール1周のタイミング。
10年リールを回し続ければこうなってしまうんですね。。哀しい。。。
ちなみに1秒周期のカウントは全然出来ませんでした。
どうやっても0.8秒になっちゃう(笑)
 
--------------
【教訓その4】
「体感力をつけて立ち回ろう」
 5号機の設定判別は高設定を掴むというよりも「いつこの台を捨てるか」という時用にあると思います。

見切るタイミングを判別するというわけです。
なかなか思うようにいかないんですけどね。
次回はこの確率論を踏まえてホール自体の設定を判別します。
水曜公開予定です。お楽しみに。
 
 
 
■■■■■■■■
今回の記事はためになりましたか?
【はい・応援!】
■■■■■■■■
■パチスロ救急車へ
■ぱちんこ救急車へ 

テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

このページのトップへ
コンテントヘッダー

100万企画・必勝教訓その3

80a33099.jpg(←画像提供:NAOさん)

100万企画・必勝教訓その3
「イチローを超えろ!」

 
 ここまで店の設定や台選びについて書いてきましたが、3回目の今回は1年間50万ゲームの実戦履歴を多角的に分析したいと思います。
(本来ならこれが1回目のテーマでしたね...)
 まず、ここ1年間の私の実戦データをご覧下さい。

********
通算228戦114勝111敗3分
通算収支:+769,000円
******** 

 ここで気づくのが、勝率です。228戦で114勝。これは単純に228日稼動して勝ったのが114日というふうに考えてOKです。
4号機の番長や北斗の頃を考えてみてください。あり得ない勝率ですよね。
 実にぴったり勝率50%。引き分けも込めば51.3%!!
野球界ではイチローでさえ3割台です。4割打てれば怪物ですよ。
 私は5号機も野球と同じくらいで勝ちに転じられると考えています。
目指すのは3割後半です。
4割勝てればトータル収支はプラスになるでしょう。
(コツは負ける日にあまり過剰に投資しない事です)
 

 さて、では平均勝ち額と負け額を出してみましょう。
私は仕事帰りの実戦がほとんどなのでホールに居るのは2~3時間、休日分を入れても平均の遊技時間は3時間程度でしょうか。ここでは3時間として計算してみます。

【一日あたりの平均勝ち額】
 だいたい228日X3時間で遊技時間は684時間。
これを769,000円から割ると1時間あたりの時給は約1,124円。

 次に勝ち日数114日の全勝ち額(1,890,000)を日数で割ると勝った日の平均持ち帰り額が出ます。これが16,578円。勝った日は平均800枚の勝ちということですね。

 さらに負けの方ですが、総額1,121,000円です。これを負けた日数111で割ると10,099円。
つまり、5号機は私の場合1日あたり16500円の勝ちが見込めて、負けたとしても平均1万円で済むスペック、さらに勝率は50%(2日に1回は勝てる)が見込める機種となります。
 
次は最高記録の比較です。負ける時はどのくらいいってしまうのか?
【最大勝ち負け額】
 最高の勝ち額と負け額を比べてみると、
・勝ち
 最大勝ち額...106,000円(戦国無双)
・負け
 最大負け額...50,000円(シェイク)
 
 夜からの実戦が主なので、3時間ノーBIGならこのくらいは負けますな。時間2万で3時間。5万はあり得ます。でも普通の5号機ならノーBIGで終わる確率はかなり低いですし、なによりここまで突っ込まずに帰りましょう(笑)。
 1年で2回ほど10万オーバーの勝ちがありました。戦国無双とジャックです。終日実戦の方ならもっと頻繁に起きるのではないでしょうか。
 
・番外編
 目撃最大ハマリ...3000Gオーバー(ジャック)
5号機はボーナス天井が無いので、当たらないときはとことん当たりません。でも3000は無いわな・・・。
 
 というけで、いろいろと収支をつけると今まで見えなかったモノが見えてきます
是非収支を付ける事をおススメします。なにより台選びと打ち方がシビアになって、適当に打ちちらかす事が無くなると思います。
 現に私も収支報告のコーナーが終わってからシェイクで痛い目をみてます(笑)。
 
 収支をつけて勝率が出たらイチローを目指してみてください。
4割近い収支が出せれば勝ち額が少なくてもプラスになるのではないでしょうか。
反対に戦国無双やスパイダーなどの長打狙いの台は勝率は2~3割になってしまうかもしれませんが、1回あたりの勝ち額を2、3万に持っていければプラスで終れるでしょう。
 
【教訓その3】
『イチローの打率を目指せ~収支をつけてシビアな立ち回り~』
目指せ4割バッター!!!
 
 
■■■■■■■■
今回の記事はためになりましたか?
【はい・応援!】
■■■■■■■■
■パチスロ救急車へ
■ぱちんこ救急車へ

テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

このページのトップへ
コンテントヘッダー

100万企画・必勝教訓その2

8a65e73e.jpg(←画像提供:一馬さん)
 
100万企画・必勝教訓その2
「鉄はアツいうちに打て!」

 
 前回は台を決め打ちして入店すると危険とお伝えしました。

では優先して選ぶべき台は?
と聞かれればズバリ!
「新台」です。
 
 
【教訓その2】
『鉄はアツいうちに打て~新台をメインにした立ち回り~』
-------------
 
 みなさんは等価交換店で打っていますか?
ではズバリ言います。等価では設定1がメインの設定となります。
これはどんな優良店でも変わりません。店にある台の半数以上は設定1です。
半数ならまだ超優良店です、中には9割方設定1という店も珍しくありません。
 
ぼったくり?

いえいえ、利益を出すなら当然です。9割が設定1とはやり過ぎですが、設定1がメインというのは覚悟して入店すべきです。都内のよほど稼動の良い店なら設定1の比率を少しは下げられるかもしれませんが。
 ここまで読んで「ウチの地元の店はもっと出してるゾ」と思われた方がいるかもしれません。
いえいえ。それはメリハリを付けているだけなのです。
全台オール1の日と半数が設定1の日をうまく組み合わせるのです。
たまたま半数が1の日ばかり通った人は「この店優良店だな」と思うでしょう。
全台設定1の日ばかり通った人は「2度と来るか!」と思うでしょう。
 これらを複雑にチェンジすれば客と「付かず離れず」の関係を作れるのです。

そしてじわじわアリ地獄のように締め上げる(笑)。

店は1ヶ月単位で目標利益が達成出来れば良いのです。極端な話、1日~30日までオール1で31日はオール設定6祭りでも良いのです。
 
では設定1メインの日は回避出来るのでしょうか?
絶対無理です。はい。
まず読む事は出来ないでしょう。
でも。。。
 
新台だけは違います!!
  
 いままで1年間私の機種選択をご覧にいただければお分かりかも知れません。
サイトの新機種データの作成の為に新台には必ず座るようにしてきました。
実戦報告ではあまりにも短時間の場合は「~他...+○○円」というように他として表記しましたが。
5号機で発売されたほとんどの新台は打ったと自負しています。
 
 今ではだから負けなかったと思っています。
高設定の入りやすい新台を自然と日々の立ち回りの一部に組み込めた事。これが大きかったです。
新装初日では設定別の出方を見るという店側の意図もあり、すべての設定を使う事が多いようです。
 私の知り合いの店ではわずか導入3日目でオール1にするという極悪店もありましたが。。(笑)

まあ、そこまでの店も実在するということは間違いありません。
しかし、いずれにしろ導入最初の1週間は設定456に座れる確率はぐっと高くなるでしょう。
そこを狙えばいいのです。
 飽きっぽい人は5号機では勝ちやすいと思います。
スグ新台に飽きて次の週には新しい新台へ。

その次の週も。。。4号機撤去の皺寄せによる5号機導入ラッシュの今こそ新台ハシゴ作戦を実行してみては
いかがでしょう。

 私も収支発表の呪縛から逃れて自由に好きな台を打てるようになって、ここしばらくシェイクばかり打ち倒してました。結果。。。ボロ負け中です (あべしっ!)
  
 鉄どころか新台こそアツいうちに打てというのがおわかりいただけたでしょうか。
今回は新台による低設定回避をメインに書きましたが、これとは別に店の変更のクセを読んで低設定を回避するという王道のパターンがあります。これはまた別の機会に・・・。
 
 
■■■■■■■■
今回の記事はためになりましたか?
【はい・応援!】
■■■■■■■■
■パチスロ救急車へ
■ぱちんこ救急車へ
 
 




テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

このページのトップへ
コンテントヘッダー

100万企画・必勝教訓その1

4d4c8e68.JPG
100万企画・必勝教訓その1
「今日はこの台打ちにいこう! は危険」

 

 いやー、1年間ありがとうございました。

また、前回の記事にたくさんのコメントありがとうございました。
今回からは1年間50万ゲームのデータから分かった事、得た教訓などをお伝えしようと思います。

全8回くらいでお送りする予定です。
みなさんの立ち回りの助けとなれば幸いです。
さて、第1回目の今回は
 
 
【教訓その1】
『理由の無い機種限定をすると負ける事が多い』です。
-------------
 
 みなさんは打ちにいく前にどんなことを考えますか?
「○○円勝とう」とか「新装だから新台でとことん勝負」とか。とりあえず今日の目標なんかを考えると思います。そこで一番危険なのが、
 
「今日は●●●で勝負だ!!」
 
というやつです。もちろん●には台の名前が入るんですけど、私ならシェイクとか、青ドンとか。
でもこれホント危険なんです。
この思考回路を持っている方はおおかた負け込んでいるのではないでしょうか。
 私もこのパターンで打ちに行って勝ったことはほとんどありません。7割くらい負けて帰ることになってますね。あっ、新装の新台は例外ですよ。
 
 これはどういう理由からでしょうか。
 みなさんは打ちにいく時、もちろん高設定を期待して行くと思いますが、こちらの打ちたい機種に高設定が入っている店はまずありません。

 店には回収シマ、客を付けたいシマ、イベントシマ、安定収支シマなど、目的別にいろいろな役割をシマに持たせています。もちろんこれは店によって機種が違います。時期でも刻一刻と変化します。

昨日までのイベントシマが今日からバリバリ回収シマなんてザラです。
店のやる気(客を付けたい、飛ばしたくない)があるシマは常に高設定があります。
 スパイダーマンなどに盛況な店と客付き0の店が存在するのはこういった理由からです。
そこに「今日はシェイクで勝負だっ!!」と駆け込んでも店にやる気がなければ台移動しまくって結局設定1から1へと渡り歩くだけです。
それでは収支はついてきませんね。
 
 まず、朝一から行く場合をのぞき勝負台は入店前まで決めない事です。
(前日のデータを元に予想して朝から行く場合は除きます。)
夕方からの実戦ならなおさらです。
新装初日でも新台に絶対座れるとは限りませんし、空き台があっても低設定では意味がありません。

 理想はすべての台の設定判別ポイントを熟知し、店全体で見て全機種中一番高設定に近いと思われる台に座る事です。入店後5~10分くらいは台選びに時間をかけたいですね。
せっかくの高設定でも見逃しては意味が無いですし、知らない台で高設定に気づかないのも困りもの。
 そこで使って欲しいのが「パチスロ救急車機種データページ」です! 
しっかり台データを把握して戦いにのぞんでください。
 

 宣伝はそのくらいにして、機種はなるべく幅広く打てるようにしておきましょう。
目押ししかり、ボーナス確率しかり、設定差のポイントしかり。
ジャグラーしか打てない・打たないのでは、ジャグラーのシマに高設定が無い日はどうやって立ち回るのでしょうか。常に幅広く対応出来るように知識を広げてください。それと、あまり台に好き嫌いを作らないことです。
 自分のメイン機種を3機種程度決め、その他に5機種くらいは詳しい台を持つようにしましょう。
 
100万企画・必勝教訓第一回目の教えは
【教訓その1】
『理由の無い機種限定をすると負ける事が多い』

でした。
(朝一からの実戦はこの限りではありません。むしろ高設定を予想して積極的に狙い台を絞ってくださいね。)
次回はパチスロの根本に迫ります。
 
 
■■■■■■■■
今回の記事はためになりましたか?
【ハイ・good job!!】
■■■■■■■■
■パチスロ救急車へ
■ぱちんこ救急車へ

【広告】




テーマ : パチスロ
ジャンル : ギャンブル

このページのトップへ
ブログもくじ
すろきち(管理人)

すろきち

Author:すろきち
パチスロ救急車のサイト管理人です。
ためになる生の情報をお届けします。

管理人ホームページ
急患来場者数
最近の記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
携帯版QRコード
このブログは携帯でも読めます。QRコード読み取りが便利です。
QR
PR広告
パチスロゲーム
最近のコメント
RSSフィード
今サントラがアツい!
パチスロの本
月別アーカイブ